MenuBar

位置や角度の編集とアニメーション

使い方

キャラクターがいるときに、アニメーションエディターウィンドウの位置の編集のチェックを入れます。 そうすると、キャラクター上にマーカーが現れます。 マーカーを左クリックしてドラッグすると動かすことができます。 LAスタジオでは、基本的にIK制御で、位置の編集をすることでだいたいの形をつけることができます。 股の位置にある、十字マークを押すと、上半身全体を動かせます。 手の先の回転するようなマークを押すと、手の先が動きます。 シフトを押しながら、各マーカーを動かしてみましょう。 各部位に応じた、回転が入ります。 コントロールキーを押しながら、各マーカーを動かしてみましょう。 これは、部位に応じて特殊な動きをします。 胸だと、胸から先の上半身がまとめて動きます。 手だと、周りの部位が追従するような動きをします。

シフトキーには、もう一つ役割があります。 シフトを押しながら、マウスの左ボタンでドラッグをせずに、離します。(普通に左ボタンをクリックします) そうすると回転軸が現れます。 回転軸を左ボタンでドラッグして動かせます。 また、回転軸を場合は、シフト押したままドラッグの回転とは違い、コントロールを押しながら回転軸を回ることで特殊な効果が現れます。 例えば、股の十字をシフト+左クリックで回転軸を出した場合、股下を中心とした回転を加えることができます。

アニメーション

上記の方法で、ポーズをつけてから、アニメーションエディター内の「全体にキーを打つ」を押すと現在のポーズにキーを打つことができます。 各マーカーに個別にキーを打ちたいときは、マーカーを動かしてマーカーが赤や黄色のときに中クリックを押します。 フレームを変更して、もう一度ポーズを変更して、全体にキーを打つを押します。 それから、Playを押して再生するとポーズ間が補間されてアニメーションします。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-25 (月) 22:01:48 (821d)