基本操作

LADesc.png

上の画像ボタンメニューについて

  • 選択
    オブジェクトを選択するモードにします。
    このモードにしてから、モデルをクリックして、エンターキーを押すと、詳細な編集ができます。
    トランスフォームや、マテリアルの編集ができます。
  • アンドゥ・リドゥ
    一部の操作をアンドゥ・リドゥできます。
  • キャラクター選択
    画像にあるキャラクターを読み込みます。
  • キャラクターエディット 選択しているキャラクターを編集します。
    キャラクターはダブルクリックで選択します。
  • キャラクター削除 選択しているキャラクター削除します。
  • ボクセルエディット
    ボクセルでモデルを作れたりします。
  • ウィンドウの表示ON/OFF
    メインウィンドウ以外のウィンドウが邪魔な時に、消したり出したりするのに使います。
  • キャラクターだけを透明ウィンドウに表示
    おもしろ機能になります。詳しく
  • アニメーションエディター
    アニメーション編集するのに使います
  • モデルコントロール(背景編集)
    背景オブジェクトに関する操作を行います。
  • 環境コントロール
    キューブマップの変更や、ライト、影、ロトスコープなどの設定ができます。
    深度、クリアカラー、アルファテストに関する設定など細かい描画に関する設定ができます。
  • オブジェクト編集
    オブジェクトを選択してからこのボタンを押すと、オブジェクトの編集ができます。
    エンターキーを押すのと同義です。
    トランスフォームの編集や、マテリアルの編集ができます。
  • 3Dペイント的なもの
    頂点カラーとして、モデルに直接色を塗ったり、凸凹を描いたりします。
    モデルにサブディビジョンをかけてから使用すると、面白いです。

普通のトップメニューについて

ファイル、編集、・・・などが並ぶ項目についてです。

ファイル

  • 新規シーン
    すべてのオブジェクト、アクターを消してまっさらにします。
  • シーン読み込み、シーンマージ読み込み
    シーンの読み込みをします。
    シーンマージ読み込みの場合、もともとあったものを消しません。
  • モデル読み込み
    モデルを読み込みます。
    ドラッグアンドドロップでも、モデルは読み込めるので、あまり使いません。
  • キューブマップ読み込み
    キューブマップを読み込みます。
  • シーンの保存、名前を付けてシーンの保存
    シーンを保存します。
  • 環境の読み込み、環境の保存
    ライティングや、キューブマップなど、環境のセーブロードです。
  • モーションをTポーズにリセット
    モーションをTポーズに戻します。
    モーション消えるので、ご注意ください。
  • モーションの読み込み、~保存
    モーションセーブロードです。
  • アバターの読み込み、~保存
    アバターセーブロードです。
  • スナップショット
    現在見えている画像を保存します。
  • レンダリング
    連番画像として、シーン一連の画像を出力します。
  • インポート、エクスポート
    様々な種類のモーション、モデルなどを読み書きします。
    未対応の部分もあります。
    メールや、掲示板などでご指摘いただくければ、対応できる場合があります。
  • 常駐プラグイン
    上級者向け。
    詳しく
  • 言語
    一応、英語にできたりしますが、部分的に日本語が混じっています。
    ちゃんと対応していません。
  • 終了
    終了します。

編集

  • 元に戻す、やり直し
    アンドゥ、リドゥです。
  • ヒストリー
    アンドゥ可能な要素のヒストリーが見れます。
    これを見れば、何がアンドゥに対応しているのか判ります。
  • カメラ操作
    カメラ操作モードにします。
  • アクティブアクター
    アクターの選択ができます。
    ここでは背景などもアクターとして選択できます。
  • フレーム操作系コマンド
    再生、停止、次のフレームへなどのコマンドがあります。
    ここを直接触ることは、あまりないと思いますが、ショートカットが判ります。

表示

いろいろなものを表示、非表示します。
必要に応じて、いろいろ切り替えてみてください。

  • バックグラウンド
    グリッドや、キューブマップなどを表示、非表示します。
  • レイヤーウィンドウ
    ウィンドウを消して、キャラクターだけを表示させます。
    キャラクターをダブルクリックすると、元に戻ります。
    他にも、AlphaLayeredForm?というのを×で消すことでも戻ります。
  • リフレッシュ
    描画更新がうまくされないときに、これを実行してみてください。

ウィンドウ

ウィンドウ表示に関する部分です。

  • ファンクションカーブエディター
    パラメータをアニメーションさせたいときに使います。
    詳しく
  • アクションミキサー
    モーションを繋げたりするのに使います。
    詳しく
  • モデルコントロール(背景編集)
    背景オブジェクトを編集したりするのに、使います。
    オブジェクトは、キャラクターエディターの表示タブの部分にドラッグアンドドロップで移動できます。
  • アニメーションエディター
    アニメーション編集するのに使います
    ここに多くの機能があります。
    wikiの左メニュー、アニメーション、コンストレインなどの機能は、ここのウィンドウに多くあります。
  • モーションリスト
    Motionフォルダ内のモーションを表示します。
    タグ登録、検索などできたりします。
  • カメラコントロール
    あまり使わなくてよくなりました。
    Sキーを押しっぱなしにすると、カメラ選択ができるからです。
    Sキーを押しっぱなしにして、右クリックすると編集もできたりします。
    そこからカメラフィルタもかけられます。
  • 外殻コントロール
    外殻に関する制御ができます。
    外殻表示なども、ここから行いいます。
  • 環境コントロール
    ライティングや、キューブマップ、ロトスコープなどの設定をします。

ゲーム

wikiの左メニュー、「ゲーム制作」項目を見てください。

ヘルプ

プレミアムモーションパック(過去の製品版)を購入した場合は、こちらからアクティベーションできます。
(購入者が)プレミアムページを見る場合も、こちらからになります。
バージョン情報も見れます。
モーションや、モデルなど各種ライブラリもこちらからリンクがあります。
主に、ブラウザが開かれて閲覧することになります。


添付ファイル: fileLADesc.png 639件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-25 (月) 22:01:51 (881d)