コンストレインを使って、物を持つアニメーションを作成

物をもつアニメーションの作成


やり方は、まず物をもつキャラクターをダブルクリックしてアクティブにします。
次に、持たせるものを、モデルコントロールなどから、右クリックして、「物をもつコンストレイン」を選びます。
ウィンドウが現れるので、物を持つ手を、右手か左手か選びます。
そうすると、その手にくっついている状態になります。
ウェイトを変更することで、元の位置と、手にくっついた状態の補間ができます。
ウェイトにアニメーションをつけることで、物を持つ状態と、ものを離している状態のアニメーションをつけることができます。
また、物を別の場所で離すときは、まず物をもつところで、基本のトランスフォームにキーを打っておき、その後、離す所で現在のトランスフォームを適用するボタンを押してから、キーを打ちます。
現在のトランスフォームを適用するボタンを押すと、現在見たままの位置、角度を基本のトランスフォームに適用することができます。
基本のトランスフォームは、ウェイトが0のときのトランスフォームになります。


両手でものを持たせたい場合


「手をもう片方の手に合わせて動かす」コンストレインを使用します。
これを使うと、片方の手によってもう片手を動かすことができます。
これで、両手で剣を持つようなモーションをつけることもできます。
例えば、下のムービーは、モーションライブラリにあるモーションですが、「手をもう片方の手に合わせて動かす」コンストレインを使用してムービーをとっています。



コンストレインを使用して手を合わせることで、体格の違う他のキャラクターでも、同じように剣を振るモーションを手軽に作れると思います。
TranslationとRotation項目を調整して、手の位置関係を設定できます。
マグネットの機能を使うと、両手が近くにあるときに自動的にくっつくようにできます。
両手の距離と、補間フレームを調整することができます。




ムービーは、開発中に作ったので、途中でインターフェイスの見た目が変わります。ご了承ください。





トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-25 (月) 22:01:55 (881d)