MenuBar

CLIP STUDIO COORDINATE

キャラクターセットアップをするソフトです。
LAでFBXを出力して、読み込んでキャラクターとして、登録することができます。

LAでモデルを読み込んだら、キャラクター編集(ペンのボタン)を押して、LaAttach?をエンベロープに変換ボタンを押します。
FBX出力オプションでは、出力ノードの部分を「ファイルから」を選びます。
default_bone.txtを選んでください。
それで出力した、FBXファイルをCLIP STUDIO COORDINATEで読み込みます。
そのあと、標準ボーンマッピングします。


使い方としては、以上になるのですが現状(2012/12/3)だと、結構問題があります。

  • 小さいサイズで読み込まれる(LAのエクスポートオプションにスケール値を入れたいと思います)
  • COORDINATEで、「シーン→ライティング」を選択してライティングしないとテクスチャの無い部分の表示が良くない
  • 手の先、足の先の骨がでません
  • 親子関係でついているモデルが動かない
    今後、なんかしらの修正をしていきたいと思います。

    そのほかのやり方として、CLIP STUDIO COORDINATEには、ボーン入れの機能がついているので、それを使うやり方もあると思います。
    しかし、LAからの出力では必ず骨が入った状態として読み込まれてしまうため(?)、ボーン入れができないようです。
    他の3Dソフトを経由する必要があるかもしれません。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-25 (月) 22:01:35 (764d)